生活情報


就学援助

就学援助とは、収入が低い世帯が小中学校でかかる費用の一部を援助してもらえる、日本の制度です。
援助の内容は、市区町村によって少し違います。

<大田区の就学援助>
下記の世帯が対象です。
  • 生活保護を受けている世帯
  • 世帯全員の前年所得の合計金額が「認定基準額」以下の世帯
<申請>
就学援助を受けたいときは、申請書を提出してください。
申請書は、大田区立小中学校と教育委員会にあります。
申請できる期間は、4月から翌年2月までです。
申請するときには、振り込み口座の名義人名、金融機関名、支店名、口座番号などが必要です。

<審査>
就学援助の対象かどうかは、教育委員会が世帯の住民登録、住民税、生活保護の情報をもとに審査します。
申請する年の1月1日に外国に住んでいた方は、大田区教育委員会事務局学務課学事係にどうすれば良いか聞いてください。

<審査結果>
審査結果は、自宅に郵送されます。
審査結果は「要保護認定」「準要保護認定」「否認定」「保留」のどれかです。
「要保護認定」「準要保護認定」の場合は、就学援助費が貴方の口座に振り込まれます。
「否認定」の場合は、就学援助の対象ではありません。
「保留」の場合は下記の手続きをしてください。

<審査結果が「保留」となった方>
○申請する年の1月1日に大田区に住んでいた方
  • 大田区の課税課に、前年の所得を申告してください。
○申請する年の1月1日に大田区に住んでいなかった方
  • 日本に住んでいた方は、1月1日に住んでいた場所の市区町村から発行される住民税の証明書(所得金額が書かれているもの)を、大田区教育委員会学務課就学関係申請窓口に提出してください。
  • 外国に住んでいた方は、大田区教育委員会事務局学務課学事係に、連絡してください。
以上の手続きが終わったら、教育委員会が再審査をします。
審査結果は自宅に郵送されます。
期限までに手続きがない場合、申請は却下されます。


大田区からのお知らせ

税金、健康保険、予防接種や健康診断など、暮らしに役立つ情報をお知らせします。

リビングガイド

大田区の行政サービス、手続き、公共施設の案内など、暮らしに役立つ情報をまとめた冊子「リビングガイド」を英語、タガログ語、中国語、韓国語で発行しています。

国民健康保険

大田区国民健康保険ガイドブック




防災地図

dp_map_jp

医療機関情報

ひまわり(東京都医療機関案内サービス)
東京都内の医療機関を、地域、診療科目、対応可能言語などの条件で探すことが出来ます。日本語版と英語版のページがあります。

家さがしハンドブック


資源とごみの分け方・出し方

gomi_japanese